従業員にとって有り難い社宅のメリット|安い家賃と福利厚生

エリアを決定する

オフィス

ビジネスをするときに重要な問題がオフィスをどこにするかです。オフィスがあるエリア次第で利益を生み出すことも可能です。そのため、経営者は不動産会社で賃貸オフィスを探すときは、どのエリアにするか決めてから探すと良いでしょう。

More Detail

借りる際のチェックポイント

会社

起業して間もない場合は事務所もないでしょう。大阪の不動産屋さんで物件を紹介してもらいましょう。条件通りの事務所を探すためには、確認しなければいけないポイントがあります。これから貸事務所を借りる人は参考にしてください。

More Detail

ビジネスに合わせて利用

ミーティング

起業したばかりでまだ事務所がない場合や、ビジネスを拡大するためにオフィスを移転中の場合に梅田の貸し会議室が便利です。会議に必要となる設備は全て揃っていますし、ビジネスの形態や働きからに合わせて利用することが可能です。

More Detail

企業が肩代わり

マンション

大学を卒業して今年から東京で働くことになる人も多くいるでしょう。地元を離れて生活することが初めてで、ひとり暮らしに不安を感じている方もいるのではないでしょうか。東京の家賃は1Rでも非常に家賃が高いので、きちんと生活費をやり繰りしないといけませんし、通勤の際は朝早く起きて満員電車ののらないといけません。一人暮らしには不安は付き物ですが、企業が従業員に安い家賃で貸している社宅があると便利です。

社宅にはファミリー向けの「住宅」と独身者向けの「寮」がありますが、最近は区別せずにファミリー向けも独身者向けも社宅と呼んでいます。ファミリー向けと独身者向けの大きな違いは、住宅の広さにあります。ファミリー向けの場合は、奥さんや子供がいることを想定した間取りになっていますが、独身者向けの社宅は、1Rの場合も多くありますし、風呂やトイレ、キッチンは共同の住宅もあります。複数名で同じ住宅で生活することも珍しくはありません。

社宅の最大のメリットは、東京の同じ間取りの住宅よりも家賃が安いことです。そのため、従業員は自由に使えるお金が増えて、勤務先の東京の企業に対する満足度もアップするでしょう。また、福利厚生が目的で導入する企業も多くいます。仕事の都合で急な転勤になった場合は、転勤先に社宅があると従業員は非常に助かります。従業員自ら住宅を探さなくて住みますし、転勤や転居に関する手続きや出費を企業が肩代わりしてくれるのもメリットの一つです。